地味に小遣いGet&オススメ情報局
タイトルの如く、じみ~に小遣い稼ぎする様と、 世の中のお役立ち・オススメ情報を提供していきます!                          似非サイトや気に入らない情報は流しません
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メタボリック対策
皆さん、最近よく耳にするメタボ。
大まかなことはご存知かと思いますが、詳細はご存知ない方が多いかと思います。
そこで今回はメタボ 正式名「タボリックシンドローム」について書きたいと思います。

メタボリック症候群とは何ぞや?
メタボリックシンドローム(metabolic syndrome、代謝症候群)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態をいいます。
(WHO、アメリカ合衆国、日本では診断基準が異なるため注意)
例えば、ちょっと太め、血液検査の結果が少し心配といった程度であるにもかかわらず、心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性のある状態(病態)をいいます。

メタボになりやすい人は、食べすぎで運動不足の人、内臓脂肪がたまりやすいといわれる男性、そして働き盛りの年代の男性にも多いそうです。
女性は男性よりもなりにくいようですが、閉経後は女性でも内臓脂肪がたまりやすくなるので、お腹が出てきたなと感じたら要注意です!

ウエストの径が、男性の場合は85cm以上、女性では90cm以上になると「内臓脂肪型肥満」が疑われます。
この数値に加えて、中性脂肪値、血圧、空腹時血糖値が基準値の2つ以上が当てはまる人は、『メタボリック・シンドローム』と診断されちゃいます!
メタボをそのまま放っておくと、動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性があるので要注意。
メタボは重篤病への入り口・・・
と考えておいた方が良いかもしれませんね(汗

メタボリック対策としては、やっぱり食生活の改善と適度な運動が一番らしいです。
食事内容も欧米化してきていますから、必然的に脂肪が多く、体に付きやすくなっていますよね。
昔の質素な日本的な生活を強要するのは無謀なので、せめて運動だけは心がけましょう。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomojiji.blog90.fc2.com/tb.php/1110-6239356f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。