地味に小遣いGet&オススメ情報局
タイトルの如く、じみ~に小遣い稼ぎする様と、 世の中のお役立ち・オススメ情報を提供していきます!                          似非サイトや気に入らない情報は流しません
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香典返しのマナー
皆さんはお葬式に行かれたことはありますか?
おそらく年をとればとるほど、葬式に参列する機会も増えていくと思います・・(汗

でも普通に暮らしていたら、そう頻繁には無い儀式ですよね。
だからマナーに関してもあまり詳しくない人も多いかと思います。
そこで今回は香典返しのマナーについて書きたいと思います。

香典返しは基本的に、「故人に関する弔事が滞りなく終わりました」という報告とお礼の意味をかねて、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明け法要を迎えた後に、お礼の品物を贈ることを言います。
また近年、都市部を中心に増えているのが「当日返し」といわれるもので、葬儀当日に香典の金額に関係なく、一律の品物をお返しすることもあります。
受付では、弔問者の名前、住所、電話番号、香典の額を、香典額別に分類して名簿に記帳すると品選びの時にとても便利です。
香典返しは、一般的には、頂いた香典の半返しが一応の目安とされています。
品は、実用品で配送中に壊れたりしないタオル、寝具など繊維製品がよく使われているようです。
それに調味料セット等も多いです。
また最近では、相手に好きな品を選んでもらうことが出来る、カタログギフトも好評のようです。

以上のように、香典返しにもちゃんとしたマナーが存在します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomojiji.blog90.fc2.com/tb.php/806-0dbef312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。